軽自動車の名義変更の手続き方法で知っておいた方がいいことをまとめした。


軽自動車の名義変更では、普通自動車の名義変更に比べてあらかじめ揃えておく必要のある書類などは少なく、後に触れますが実印なども用意する必要がありませんので、比較的楽に行えます。







用意しなければならない書類

名義変更の場合は、売買や譲渡(もらう)などで前の所有者から新しい所有者に車の所有権(名義)が変わることになります。ですので、旧所有者と新所有者で必要な書類が変わります。※場合によってはさらに増える場合がありますので必ず軽自動車検査協会のHPをご覧ください。

------------------------------------------------------------

■旧所有者(前の持ち主)

新使用者の印鑑

認印(書類に押す)

車検証(原本)

ナンバープレート持ち込み(管轄変更の場合)例:足立ナンバーから練馬ナンバーに代わる。等

※新しいナンバープレート代金で名義変更当日約1900円ほどかかります。


■新所有者

新所有者の住民票の写し又は印鑑証明書(3家月以内)

認印(書類に押す)

------------------------------------------------------------

以上です。

万が一、当事務所など行政書士に依頼して行う場合には申請依頼書というものを用意する必要があります。

ちなみに、書類を軽自動車検査協会に持っていって当日で終了します。


詳しくは軽自動車検査協会のHPに載っておりますのでご覧ください。

また当該HPで【手続きナビ】というものでなにを用意したらいいか簡単に確認することもできます。

当事務所でも軽自動車の名義変更や相続、住所変更など様々な手続きを承っていますのでご自身で行うことがご面倒な時はご依頼ください。


#軽自動車名義変更

#東京都北区

#行政書士

#東別府行政書士法務事務所


・料金表

・事務所概要

・Q&A

・お問い合わせ

 

​・東京都行政書士会

・​日本行政書士会連合会

行政書士会北支部

・法テラス

受付時間9:00-19:00

お気軽にお問い合わせください。お役に立って見せます。

Copyrights © 東別府拓真行政書士法務事務所All Rights Reserved.2020/04