相続は少しでも多く相続したい人もいるので気をつけましょう

 ご両親などの身内が亡くなり相続が発生したことはありますでしょうか。相続は人生で何度もあることではありません。遺産を相続する際にすんなりと遺産分割が行えないこともありますので、相続前に知っていてほしいことをまとめました。


相続の現状


現在の日本では法定相続によるこ場合がほとんどです。例えば兄弟姉妹の法定相続分はもちろん均等になっています。しかしながら自身に都合の言い訳をして少しでも多くの遺産をとろうとする相続人もいるようです。


遺産分割は預金などの分けることのできる財産(可分債権といいます)は被相続人の死亡と同時に相続人の相続分に応じて分割されることとなっていましたが、現在は上記預金なども含めて遺産分割において相続人全員の合意があれば基本的に遺産分割をしても問題ないというふうに裁判の判例などでなっています。


ただ、合意があればなんでもいいのだという風に思う方もいて、横暴に遺産分割を進めて自分に有利に進める人もいるようです。


このような横暴な方に対しては法律的な観点から十分に対処する方法があります。


まずは相続が発生した際は、平等かどうか、相手の言い分は本当にまっとうな意見なのか等をしっかりと協議をして進めることが大事となってきます。明らかに横暴な意見がある時は自身の相続権を侵害されないようにしっかりと話し合うようにしましょう。




当事務所でも相続についてのご相談ご依頼を承っていますのでお気軽にご連絡ください。