遺産分割協議をする前の手続きは何をするのか

 相続が発生すると遺産分割協議を行うことがあると思いますが遺産分割協議前ではどのような手続きが必要かを記しますのでぜひお役立てくださいませ。



①相続人の確定


⇒まず誰が相続人になるかを確定しなければなりません。相続人を確定させるためには被相続人の「出生から死亡まで」の連続した戸籍を確認する必要があります。ちなみにこの連続した戸籍は不動産を相続登記する場合や預金名義の変更などにも提出を要求されます。


②相続財産の確定


⇒相続財産の確定をする必要があります。


相続財産の調査

遺産の目録を作成

個々の遺産の評価

生前に特別受益にあたる贈与を受けたものがいるなら時価で評価する

※評価が困難な時は専門家に鑑定依頼をする

※特別受益についてはこちらの記事について書いています。


おおまかに上記の①相続人の確定と②相続財産の確定を行う必要があります。


当事務所では相続関連のご依頼も承っていますのでお気軽にご相談ご依頼ください。



・料金表

・事務所概要

・Q&A

・お問い合わせ

 

​・東京都行政書士会

・​日本行政書士会連合会

行政書士会北支部

・法テラス

受付時間9:00-19:00

お気軽にお問い合わせください。お役に立って見せます。

Copyrights © 東別府拓真行政書士法務事務所All Rights Reserved.2020/04